SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
高瀬友規奈オフィシャルブログ

友規奈主義

<< 青、それは明日の色 | main | Let’s play a GAME >>
you don't wanna wake up,do you

時々必要で大好きなこの場所を二ヶ月以上も放置していた。

決して忘れていたわけでも面倒だったわけでもなく、ただただ少しだけ生き急ぎ気味な今をこうして書き出すのが怖かったのかもしれない、と。

そしていつまで経っても人生には慣れないなぁと思う。

たぶんもう知っている状況とか感情にも未だに初対面かのように対応してしまうし、一度言葉にまとめた結論も、言葉にして納得したはずの展開も、悲しいほどに信用ならない。最近。なんだこれ。
でもわたしの人生は所詮ぬるま湯であることには変わりないので、ぬるま湯と鋼のメンタルであぁやっぱり人生イージーモードだなってひどく低俗な総合評価を下すのです。これ重要。




只今、今年2作目の脚本・演出舞台のお稽古中。なんならお稽古終盤。
ということで、ここを放置していた二ヶ月半近くはそちらを書いていたわけでして、文章を少なからず書いていたわけでして、まぁだから色々平気だったわけですよ(なにが


またいつものように作品については全てが終わってから触れますね。
今回もまた思い入れの強い作品になる気がしてならないです。
ひとつ言えることは、今までで一番“普通”に近い作品だと思う、ということ。
そして“普通”を書くのが実は一番難しいようで、今までで一番筆が進まなかったということ。

とかなんとか、“普通”の概念は無いのだと思い込んでるくせに自身はあくまでも“普通”だと思っているフシがあって、だから“普通”じゃないと言われる事柄にひどく憧れを抱いてみるけれどそこに行き着くと“普通”以外の何物でもなくなってるんだ、もうすでに。



期限というのは基本的に存在したほうがいいと思う。
大切にできるものは限られているということも、ひとまずの終わりを前にやっと知るのです。


| - | 01:20 | - | - |