SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
PROFILE
LINKS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
高瀬友規奈オフィシャルブログ

友規奈主義

<< deserve it | main | you don't wanna wake up,do you >>
青、それは明日の色
3月27日。
脚本・演出をさせてもらった舞台「青、それは明日の色」が終演致しました。
塩田プロデューサーをはじめ全スタッフの方々、キャストのみんな、そして何よりも劇場に足を運んでくださったお客様、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。



何から書こう、、、と書き出したら止まらなそうですが、この作品について触れてこなかった事も多いので、この機会に書いていこうと思うよ。



まずこの企画は、2年前にわたしが脚本・演出した舞台「僕はそれを、青と呼ぼう。」(以下「僕それ」)まで遡ります。

今から1年前くらいかな。
今回のプロデューサー塩田くんに、「僕それ」の続編を作る権利が欲しいと話をされました。そんな申し出を受けるのは初めてで、すぐに答えは出せず、わたし以外の別の人が脚本及び演出をして「僕それ」の世界を作るのかー。としばらく考えさせてもらった覚えがあります。
というのも「僕それ」は過去最高に頭を使って本を書いて過去最高に頭を使って演出した作品で。(稚拙なのは百も承知で)
思い入れもあるわけで。(そんなの全作品に対してだけど)


でも「僕それ」の世界をまた新たな視点で描いてくれるなんて面白そう!と悩んだくせに案外あっさり快諾。(わたしの思考回路なんて所詮こんなもん)

で、是非どうぞ、なんて話を塩田Pにしていたところ、「というか、友規奈さんに書いてもらえたら一番いいのだけど・・・」とまさかの方向転換。
昨年一年間はわたし演出はお休みすると言っていたのですが、公演も2016年ということで、じゃあ脚本書くならもちろん演出もやる!と話が進んでいくわけです。(割と展開早め)


そしてこれは劇場でお配りしていた当日パンフレットのご挨拶にも書きましたが、当初は「僕それ」の続編かスピンオフ作品を書く予定でした。

精神病棟を題材に書いた「僕それ」は、重度の精神病患者である主人公目線のお話だったのですが、その時登場した研修医側の目線で描けないか、とか、その後の彼らがどうなったのか(まぁ主人公はロボトミー手術されちゃってるんだけど)を描けないか、とか、最初の頃の打ち合わせではそんな話でした。

でも、なんか、もっと面白くしたいなぁと思って。

閉鎖された施設、偏った価値観、正常の意味、正義の是非、といった「僕それ」の世界観はそのままに、舞台をガラリと変えることにしました。

というわけで今回の「青、それは明日の色」(以下「青色」)は、生体移植や臓器提供が行われる施設のお話に。そして今回もまた「青」がキーワードでした。(「僕それ」では、患者の症状の度合いを赤、青、黄色のリストバンドで色分けしていて、主人公だけ青のリストバンドだったの。その青の意味が最後に分かるんだけど)

そして今回「青色」の“青”は、臓器及び四肢の提供後にもらえる特別な価値のある石。お金じゃ買えない命の価値を示すものでした。



そんなこんなで稽古開始の一ヶ月前くらいかな?に、第一稿をあげて塩田Pに読んでもらい、的確な指摘や客観的意見をもらい、(役名が意味分からない、とかね!当初はもっと難解な役名をみんなに付けてたんだよ。あと、片足無いとかどうやるん?とか言われながら。笑)稽古開始までに最終的な脚本が仕上がりました。



そして稽古開始。顔合わせ。
わたしの中で今までと違う緊張感がありました。
というのも今回半分以上が初めましてのキャストさんで。と同時に、今まで比較的その人本人をイメージして書いていた脚本もキャラクターも配役も、その初めましてのまま初本読みで。

でも男女共に(そう、今回も全く同じ脚本・演出で男の子バージョンと女の子バージョンのダブルキャスト)、もうピッタリ。本読みで確信したよね、みんなイメージ通りだって。


そして翌日から本番までの約3週間の稽古はもうノンストップ。
普段は最低一ヶ月は稽古期間を取るので、3週間となるととにかく毎日濃厚でほとんど休み無し。(一週間少ないと全然違うからね)
みんなも男女ダブルキャストだから稽古時間は通常の半分のはずなのに、短い時間にとにかく集中して目一杯稽古していたので驚きの充実具合。素晴らしい。

だから稽古期間は瞬く間に過ぎて行った記憶だなー。(唯一記憶にあるのは常に笑い転げてたこと。話の内容に反して楽し過ぎた稽古場であった)


でも今回特に思ったのは全キャストがとにかく貪欲だったこと。
一人一人が自分の役を理解しようと、セリフの真意を理解しようと、見えない、描かれていないところまで理解しようと、たくさんたくさん質問してくれて、話し合ってくれて、意見を出し合ってくれたと思う。(そうでもしないととても演じられない役ばかりってのもあるけど)
だからわたしも、一人で書いていた時には気付けなかったキャラクターの気持ちや話の展開に改めて気付けて(自分で書いておいてアレだけど、最初は自分でも意味分かってないことがあるのよ。)、文字が立体になるって面白いなぁって改めて思ったよ。


そして何より、わたしの過去作品にも出てもらっていて絶大な信頼をしているキャスト達がいてくれたこと。公私共に仲の良い大好きな子達がいてくれたこと。今回本当に大きかった。
みんなをグイグイ引っ張ってくれて、わたしの力不足なところまで補ってくれて、わたしの言葉足らずなところもちゃんと真意を汲み取ってくれて。もうどれだけ安心できたことか。
また一緒にできて良かった。やっぱりまた一緒にやりたいと思ってしまう大事な人達です。




そんなこんなで迎えた本番。(長々と書き過ぎてやっと本番エピソードに突入)

たぶんみんなが不安だったと思う。
果たしてこの話は受け入れてもらえるのか、理解してもらえるのか、伝わるのかって。(わたしも正直、これが万人受けしないことは百も承知だったので)


でも初日が開け、もうお客様の反応が嬉しくて。
伝わるんだなーって、決して面白いとか楽しいとか言えないこの作品がこんなにも受け入れてもらえるんだなーって。(あとみんな意外にバッドエンドとか報われないラストとか好きなんだなーって。)

お陰様で全公演満席で、何度も足を運んでくださる方もたくさんいて、反対チームも見てみたいって予約して帰ってくださる方もたくさんいて。(これが男女ダブルの醍醐味よね)
怖かった、とか、衝撃なラストだった、とか、放心状態です、とか。もう作者としてはこの上ない感想をたくさんもらって幸せでした。
それもこれも、最後の最後まで良くしようと足掻き続けてくれたキャストのみんな、スタッフの方々のおかげなんだけどね。演出家なんて初日が開けてしまえば客席で見守るだけですからね。



本当はキャストみんな一人一人のことを書きたいくらい。
それくらい今回は女の子9人、男の子9人、みんながこの作品を愛してくれて、役を愛してくれて、全力で生きてくれて。

内臓がどんどん無くなってお腹は手術の痕だらけになっていって、片足が無くなって一本足で歩くことになって、指も腕も次々に無くなっていって、角膜が無くなって目が見えなくなって。
それでもこれは正しい事だと思い込んで最後まで明るい子、真実に気付きそうな子、気付いてしまった子、その上で受け入れた子、抗おうとする子。そして大切な人の臓器や四肢を奪っているのは自分だと知ってしまった子。

どの役も重要で、しんどくて、悲しくて、抱えているものがたくさんあって。

ダブルキャストだから一日に1公演しかないんだけど、その1公演にみんな全力投球で。(とてもじゃないけど、昼公演に反対チーム観劇してから自分の夜公演をやるのは精神的に保たないと口を揃えるキャスト)

やって良かったなーって。この話好きってみんな言ってくれて嬉しかったなーって。素直に思います。



総じて言えるのは、やっぱりやって良かったってこと。(何回言うの)
話をくれた塩田P、ほんと、ありがとう。

もちろんまだまだ未熟なところも力不足なところも成長しなきゃいけないところも山積み。
だけど、今できるすべてがこれでした。
だからこれをたくさんの人に観てもらえたこと、やっぱりわたしは幸せ者です。



さて、次の脚本・演出作品は6月。
次の作品も楽しみにしていますって言葉もたくさんもらったんだ。

もう少し「青色」の余韻に浸っていたい気もするけれど、この記事をもってそれは終わり。
さっそく脚本スタートにあたり資料集めに翻弄しています。
 

今度はどんな世界が生まれるのかな。(書いてる時って半分無意識だから自分でも予想がつかない)
またたくさんの人達に観てもらえますように。




それでは改めまして、

PAPADOGプロデュース公演
姫君vol.6「青、それは明日の色」

関わってくださったすべての方々へ。
ありがとうございました。


| - | 18:36 | - | - |